活動報告Reports

2019年度ISND夏の学校(大阪ー筑波)が開講しました

2019年度ISND夏の学校(大阪ー筑波)が開講しました

海外のトップ大学で行われている大学院レベルのナノ理工学関連の基礎および最先端技術の講義を、大阪大学に居ながらにして英語で直接聴講できる2019年度ISND夏の学校(大阪ー筑波)が開講しました。
講義初日の今日は、Lehigh University(アメリカ・ペンシルバニア州)のMasashi Watanabe教授による講義「Transmission Electron Microscopy -Fundamental Principle and Applications to Materials Science」が、遠隔講義システムにより豊中キャンパス・吹田キャンパス・筑波大学の三元中継で行われています。多数の留学生を含む受講者たちは、Watanabe教授の講義に熱心に聞き入っていました。

  

PAGETOP