ホーム > Events > 固体物理セミナー 平成26年度 第6回

Events

一覧へ戻る

2014年11月6日

固体物理セミナー 平成26年度 第6回

固体物理セミナー

(平成26年度 第6回)

(インタラクティブ物質科学カデットプログラム講演会)

日時:11月6日(木)13:00~14:30

場所:基礎工学部 A403

講師:松原 正和 准教授

(東北大学大学院理学研究科物理学専攻)

題目: 「非線形光学効果を用いた物性探索」

要旨:非線形光学効果は、物質に入射する光(あるいはDC電場)の強度を強くしていったときに生じる非線形電気分極によって生じる光学現象である。この効果は高次の光学プロセスによって生じるため、線形の光学効果と比べると圧倒的に強度が弱くなるが、線形の光学効果では得ることが難しい情報を得ることができるため、物質の性質を調べる重要な手段となる。本セミナーでは、非線形光学のイントロダクションからはじめ、磁性(スピン)によって誘起される第二高調波発生(SHG)、磁性と誘電性が絡んだ物質(マルチフェロイクス)におけるSHGを用いたドメイン観測など、非線形光学効果を用いた最近の話題について紹介したい。

問合先:木村 剛 (基礎工D棟405号室)

Tel: 06-6850-6455,

E-mail: kimura@mp.es.osaka-u.ac.jp

※固体物理セミナーは、物性・未来(物性系)M2必修科目「ゼミナールIV」に

該当します。