ホーム > Events > UNICAMP Watson Loh教授による滴定カロリメトリーに関する物質科学特別講義を開催します

Events

一覧へ戻る

2019年1月23日

UNICAMP Watson Loh教授による滴定カロリメトリーに関する物質科学特別講義を開催します

ブラジル・UNICAMP (州立カンピーナス大学) よりWatson Loh教授をお招きし、
平成30年度インタラクティブ物質科学・カデットプログラム物質科学特別講義を開催することになりました。
海外の大学でご活躍され、実績のある著名な先生から指導をいただける貴重な機会になります。皆様の積極的な受講をお待ちしております。

なお、当集中講義は、理学研究科・SISC統合理学特別コース主催で行うものです。(カデットは共催)
理学研究科側で、単位認定をされる方は、カデットとの物質科学特別講義Ⅰ~Ⅲの単位とダブルカウントはできませんので、ご注意ください。

以下 講義詳細

**********************************************

講師:Watson Loh教授(Institute of Chemistry, UNICAMP, Brazil)
(Specially appointed professor of Research Center for Structural Thermodynamics, Osaka University)

講義タイトル:
Calorimetry  -Introduction and its application for solutions and other condensed systems-

講義日時:
1月23日(水)1・2限目
1月30日(水)1・2・3限目
2月 6日(水) 1・2・3限目

場所:理学研究科内

Purpose:
In this lecture course, thermodynamic properties based on calorimetry of materials and experimental methods of calorimetry are explained. Students who are interested in physical chemistry of materials, solutions, polymers, surfactants, and biological systems can learn from basic points of thermodynamics and how they can apply that idea for materials.

Outline of the course:
In the beginning, fundamental picture of chemical thermodynamics is explained. Then principles of experimental methods and several techniques and apparatuses for calorimetry is given. After understanding the scanning calorimetry and its application in chemistry and biology, the modern technique such as isothermal titration calorimetry (ITC) are explained in detail. The application for kinetics analysis performed by isothermal calorimetry is also studied.

Watson Loh教授紹介:
http://buscatextual.cnpq.br/buscatextual/visualizacv.do?id=K4782820E0&idiomaExibicao=2