ホーム > News & Topics > Chris Edelman先生による物質科学英語の講義を開講しています

News & Topics

一覧へ戻る

2018年10月31日

Chris Edelman先生による物質科学英語の講義を開講しています

インタラクティブ物質科学・カデットプログラムでは、若い科学者の卵たちが将来、英語を自由に操り、世界の科学の現場で活躍できるよう、物質科学英語を必修科目とし、ライティングクラス、プレゼンテーションクラス、ディスカッションクラスをそれぞれ吹田・豊中キャンパスにて開講しています。

今年度、秋冬学期からはクリス・エデルマン先生(立命館大学言語教育センター外国語嘱託講師)に物質科学英語1・2の講義をご担当いただいています。クリス・エデルマン先生は、アメリカ・ニューヨーク州出身の英語教授法の専門家です。

10月29日に開催された、第4回目講義では論文構成のうち「Introduction」と「Literature Review」について学びました。受講者はそれぞれの役割について自身のアイディアを述べ、意見交換をしました。Literature Reviewは自身の論文テーマに関連する先行研究について分析・説明し、さらには自身の研究にCredibility(=Proof) をもたらすものであり、論文の中で最も重要なパートの一つとクリス先生から説明がありました。講義後半ではテレビ番組「Mythbusters」を皆で視聴し、そこに隠されたScienceを分析するといった取り組みも行われました。クリス先生の親しみやすい人柄もあり、受講生は楽しみながら物質科学英語を学んでいます。