カリキュラムCurriculum

カリキュラム

本プログラムでは、物質科学分野での卓越した専門家を目指すことに加えて、将来その専門性を活かして、産学官にわたって活躍するリーダーを育成することを目指します。そのための下地となる様々な付加トレーニングを特別科目として設定しています。

従って、既存のカリキュラムを100とすると、特別科目・付加カリキュラムを合わせて百数十%のエフォートが必要です。

物質科学研究・事業のイノベーションを牽引するリーダーとして産・官・学の多様なセクターで活躍できる
博士人材を育成

カリキュラム

博士課程前期・後期一貫プログラム

プログラム及びカリキュラムは博士前期課程と後期課程の一貫した制度設計になっています。前期課程修了後に就職等で外部に転出する予定の学生は本プログラムに参加することはできません。

Qualifying Examination

Qualifying Examination(QE)とは、アメリカの博士課程教育で広く行われている、博士課程学生が博士論文研究を主体的に遂行できる基礎力を審査する仕組みです。
本プログラムでは、1年次終了時、2年次終了時、および4年次終了時にQEを課し、博士論文執筆およびプログラム修了に必要な素養が各段階で蓄積されているかを評価します。

特別科目

従来の物質科学に関する各分野での講義や各研究室での研究に加えて、下記のものを例とするプログラム特別科目を提供します。

  • 専門分野以外の物質科学を幅広く学ぶ為の「物性物理学入門(化学系学生向け)」「物質化学入門(物理系学生向け)」
  • 3カ月、在籍する研究室を変えて研究活動に従事する「研究室ローテーション」
  • 「物質科学英語1、2」
  • 3カ月の留学による「物質科学海外研修1」
  • 3カ月の国内の研究機関もしくは企業において指導教員の指導を直接受けずに(自立して)修業することを目的とした「物質科学国内研修1」など。

研究室ローテーション

自分の専門以外の研究領域に属する研究室での研究・教育指導を体験(3カ月)することで、「高度な専門性」に加えて、1. 主専門とは異なる研究手法、研究療領域をまたがる知識や視点を備えた「複眼的思考」「俯瞰的視点」、2. 専門分野の異なる研究者と議論できる「コミュニケーション力」を習得することが目的です。ローテーションがきっかけとなり、今まで交流のなかった研究室間で共同研究も始まりました。

企業現地学習(国内研修)

企業の研究所や工場を訪問し、開発現場での説明や意見交換を通して物質科学分野の研究開発に求められる知識や能力、その分野の具体的な開発動向を知ることができます。また、現場で活躍する若手や中堅技術者との懇談も実施しており、勤務の実態や大学院時代に学んでおくべきことや将来のキャリアパスについてより具体的な視点を学びます。

海外現地学習(海外研修)

海外の先端研究現場や企業を訪問することで日本とは異なる研究開発の考え方や風土、海外の研究機関の現場等を学びます。平成26年度は1期生、2期生が参加してベルギーのimec(Interuniversity Microelectronics Centre)を訪問し、電子材料や電子機器の最先端の開発現場で研究開発の現場を知るとともに、カデット履修生が現地PhD学生と研究の相互発表と討論をすることでより踏み込んだ訪問となりました。

PAGETOP