ホーム > カリキュラム

カリキュラム

本プログラムでは、物質科学分野での卓越した専門家を目指すことに加えて、将来その専門性を活かして、産学官にわたって活躍するリーダーを育成することを目指します。そのための下地となる様々な付加トレーニングを特別科目として設定しています。
従って、既存のカリキュラムを100とすると、特別科目・付加カリキュラムを合わせて百数十%のエフォートが必要です。
ホームページ刷新用データ 修正 2

博士課程前期・後期一貫プログラム

プログラム及びカリキュラムは博士前期課程と後期課程の一貫した制度設計になっています。前期課程修了後に就職等で外部に転出する予定の学生は本プログラムに参加することはできません。

Qualifying Examination

Qualifying Examination(QE)とは、アメリカの博士課程教育で広く行われている、博士課程学生が博士論文研究を主体的に遂行できる基礎力を審査する仕組みです。
本プログラムでは、1年次終了時、2年次終了時、および4年次終了時にQEを課し、博士論文執筆およびプログラム修了に必要な素養が各段階で蓄積されているかを評価します。

特別科目

従来の物質科学に関する各分野での講義や各研究室での研究に加えて、下記のものを例とするプログラム特別科目を提供します。

  • 専門分野以外の物質科学を幅広く学ぶ為の「物性物理学入門(化学系学生向け)」「物質化学入門(物理系学生向け)」
  • 3ヶ月、在籍する研究室を変えて研究活動に従事する「研究室ローテーション」
  • 「物質科学英語1、2」
  • 3ヶ月の留学による「物質科学海外研修1」
  • 3ヶ月の国内の研究機関もしくは企業において指導教員の指導を直接受けずに(自立して)修業することを目的とした「物質科学国内研修1」など。