ホーム > Events > H29年度 第7回 固体物理セミナーを開催します

Events

一覧へ戻る

2018年1月24日

H29年度 第7回 固体物理セミナーを開催します

平成29年度 第7回 固体物理セミナー

日時:1月24日(水)14:40-16:10
場所:基礎工学研究科 シグマホール 1階セミナー室
講師:笹木敬司 教授
(北海道大学 電子科学研究所)
題目:「プラズモニックナノ渦場による物質マニピュレーション」
         
概要:
 近年、局在プラズモンが光をナノサイズの空間に絞り込む機能(光ナノアンテナ効果)を利用して光と物質の相互作用を増強する研究が活発に進められており、発光過程、ラマン散乱、光圧発生等の超高効率化の実現など新しい研究領域が拓かれつつある。しかし、光と分子のサイズをマッチングしても、分子の励起ダイナミクスを自在に制御することはできない。電気双極子遷移はナノサイズ光によって高効率に誘起できるが、四重極子遷移や高次多重極子遷移は光子と分子の「形状ミスマッチ」によって励起することはできない。そこで我々は、ナノスポットにおける光電場振幅・位相分布をナノスケールで制御する、すなわち、光子の形状をナノ空間でコントロールする「光ナノ成形」の研究を行っている。アイデアとしては、光渦ビームの運動量(波数)・スピン角運動量(円偏光)・軌道角運動量(螺旋波面)を局在プラズモンに転写し、光形状情報を保持しながら回折限界を超えてナノへのダウンサイジングを実現する。本講演では、光渦から金属ナノ構造への角運動量転写の解析、金属多量体ギャップ構造を用いたシングルナノメートル空間での光渦形成の解析、また、局在光渦場の光圧を利用して、ナノ空間における粒子の回転運動を誘起し制御する実験を中心に最近の研究の進展について紹介する。

                           問合先:石原 一(基礎工学研究科教授)