活動報告Reports

第7回インタラクティブ交流会を開催しました

第7回インタラクティブ交流会を開催しました

2019年8月29~30日に滋賀県大津市にあるアーブしがにて第7回インタラクティブ交流会を開催し、履修生や教員30名が参加しました。

「分野の垣根を越えて交わる」ことに焦点を置き、今年度の新入生が実行委員として企画、運営を行いました。
今回のインタラクテブ交流会では、東京大学より齊藤英治先生、渡辺悠樹先生、京都大学より生越友樹先生をお迎えして講演を行っていただき、履修生による研究発表も行いました。

交流会の最終日には勝林寺にて座禅を行った後、羽曳野市にある河内ワインのワイナリーを訪問してワインの製造工程を見学しました。
講師の先生方や教員、研究科や学年の異なる履修生が夕食や懇親会、レクリエーションを通じて交流し、それぞれが今後の研究の糧となるものを得ることができた2日間でした。


   齊藤先生による講演            生越先生による講演     ポスターセッションでも熱心な議論が続く


和やかな雰囲気のポスターセッション      渡辺先生による講演           参加者による集合写真

PAGETOP