活動報告Reports

八木勇樹さんが阪南大学模擬国連(HUMUN)2019に参加しました

八木勇樹さんが阪南大学模擬国連(HUMUN)2019に参加しました

物質科学英語のMark先生がファシリテーターを務める阪南大学模擬国連(HUMUN)2019 に、カデットプログラム5期生の八木勇樹さんが参加しました。
模擬国連とは、参加者一人一人が国連の議長、大使、記者等の役割を担い、様々な国際問題について国益を背負った立場から議論をすることによって、国際問題の多角的視点からの理解やその複雑さを理解するとともに、交渉力や理論的思考、英語力の向上を目的とする活動です。今回は「持続可能な開発目標: Sustainable Development Goals」をテーマに開催されました。
八木さんのレポートは12月発行予定のNews Letter vol.22に掲載いたします。ぜひご覧ください。

PAGETOP