活動報告Reports

SPring-8・SACLAの見学会を行いました。

SPring-8・SACLAの見学会を行いました。

平成26年 2月23日(月)にカデットプログラムの連携機関でもある理化学研究所 放射光科学総合研究センター(SPring-8・SACLA)の見学会を行いました。この時期SPring-8は定期メンテナンスのためビームシャットダウン中で、普段は見ることのできない蓄積リング内のマシン収納部でアンジュレーターや加速キャビティ等見学することが出来ました。

田中良和専任研究員はじめセンターの研究員の方からX線、軟X線から遠赤外線までの波長域をカバーする様々な分析・解析装置の説明いただきました。また、自由電子レーザーSACLAのサイトでは最先端の加速器技術とレーザー技術を組み合わせた高品質な光の生成の説明が有りました。参加した履修生からは、「今回初めてSPring-8を訪れましたが、その内部構造にはとても魅了されました。大量のマグネットや加速キャビティ、フィードバック用 の位置検出器などが大きな円形に並んでいる姿には感動すら覚えました。大変刺激を受けた見学会でした。今度は使う側として行ってみたいです。」「今回の出張は、私にとって初めてのSPring-8訪問でした。自分の所属する研究室では、年に数回単結晶X線構造解析のためにSPring-8を利用しますので、実際に装置を見学できたことは、原理を理解する上で非常に貴重な体験になりました。また、赤外光の放射光が企業との共同研究に用いられていることを知り、SPring-8の放射光の応用力が想像以上であったことに驚きました。」といった感想が寄せられました。

sp8_1 sp8_2 sp8_3

sp8_5 sp8_4 sp8_6

sp8_7sp8_8 sp8_9

sp8_10
PAGETOP