イベントEvents

固体物理セミナー 平成26年度 第5回

固体物理セミナー 平成26年度 第5回

2014年7月14日

固体物理セミナー

(平成26年度 第5回)

(インタラクティブ物質科学カデットプログラム講演会)

日時:7月14日(月)16:20~17:50

場所:基礎工学部 D404共用セミナー室

講師:岸根 順一郎

(放送大学 教養学部)

題目: 「カイラルらせん磁性体の物性と機能」

要旨:磁気秩序構造に様々な次元性を持つトポロジカル欠陥を作り込んで電流や外場によって制御しようという研究が活発に進行している。ランダウ理論によれば、秩序構造は結晶の幾何学的対称性によって括り込まれたものである。この意味で、秩序状態が織りなすトポロジカル構造も結晶の幾何構造の配下にある。我々はこのような視点に立って「カイラル磁性結晶で実現するカイラルらせん磁気構造」の研究を進めてきた。この種の磁気構造に磁場を印加すると、カイラルソリトン格子と呼ばれるコヒーレントなスピン位相のストライプ秩序が安定化する。このストライプ構造は「周期的,非線形,非対称,トポロジカル」という性質をあわせ持ち, 0.1テスラ程度という控えめな磁場でその空間周期を数十ナノメートルから結晶サイズまで連続的に制御することができる。本講演では、カイラルらせん磁気構造とカイラルソリトン格子についての研究の現状と展望を紹介する。

Refs.

[1]J.Kishine, I.G.Bostrem, A.S.Ovchinnikov, and Vl.E.Sinitsyn,Phys.Rev.B89, 014419 (2014)

[2]Y.Togawa, Y.Kousaka, S.Nishihara, K.Inoue, J.Akimitsu, A.S.Ovchinnikov,and J. Kishine, Phys.Rev.Lett.111, 197204 (2013)

[3]J.Kishine, I.G.Bostrem, A.S.Ovchinnikov, and Vl.E.Sinitsyn Phys.Rev.B86, 214426 (2012)

[4]Y.Togawa, T.Koyama, K.Takayanagi, S.Mori, Y.Kousaka, J.Akimitsu,S.Nishihara, K.Inoue, A.S.Ovchinnikov, and J.Kishine,Phys.Rev.Lett.108,107202 (2012)

[5]J.Kishine, I.Proskurin and A.S.Ovchinnikov,

Phys.Rev.Lett.107,017205(2011)

問合先:木村 剛 (基礎工D棟405号室)

Tel: 06-6850-6455,E-mail: kimura@mp.es.osaka-u.ac.jp

※固体物理セミナーは、物性・未来(物性系)M2必修科目「ゼミナールⅢ」に該当します。

PAGETOP