イベントEvents

H27年度 第2回 固体物理セミナーを開催します

H27年度 第2回 固体物理セミナーを開催します

2015年5月12日

日時:5月12日(火)14:40-16:10

場所:基礎工学部 A403講義室

講師:一杉太郎 准教授

(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構)

題目: 「走査トンネル顕微鏡により原子を見る・観る・診る:

遷移金属酸化物表面電子状態評価からナノグラフェン

合成化学反応の直接観察まで」

 

要旨:走査トンネル顕微鏡(STM)の魅力は、「原子を見る」ことだけに留まりません。その最大の魅力は「原子を観る、診る」こと、すなわち、原子達が織りなす物性を鑑賞し、さらに、電子状態を詳しく診断して、その物性の起源を明らかにすることです。

本講演では、1) 遷移金属酸化物表面において、電子と原子が協調して表面特有の電子状態を生み出す様子、さらには、2) 金属表面を活用したナノグラフェン合成化学反応の観察例を紹介します。

 

問合先:木村 剛 (基礎工D棟405号室)

Tel: 06-6850-6455

E-mail: kimura@mp.es.osaka-u.ac.jp

 

※固体物理セミナーは、物性・未来(物性系)M2必修科目「ゼミナールIII」に該当します。

PAGETOP