イベントEvents

2020年度INSD 夏の学校(大阪-筑波)

2020年度INSD 夏の学校(大阪-筑波)

2020年8月01日 ~8月15日(最終試験は8月24日~28日)

<2020年度物質科学特別講義>INSD夏の学校(ナノサイエンスデザイン教育研究センター主催)が開催されます。
海外から教員をお招きし、海外のトップ大学で行われている大学院レベルのナノ理工学関連の基礎および最先端技術の講義と同様な内容の講義を英語で直接聴講できる貴重な機会です。
今年度はCOVID-19による行動制限により海外から講師をお招きすることができませんので、代りに2018,2019年度の講義アーカイブから3テーマを選び、1つのテーマあたり7~8コマの録画講義を8月1日から15日までの間で視聴可能とし、オンデマンドで毎回視聴後、視聴の証拠として短い質問に対する回答を送付します。8月24日~28日の間に実施する最終試験は課題に対する各学生による発表形式とし、海外講師参加の下にZOOMを用いて生中継で行います。 講義資料と録画された講義はパスワード付の電子ファイルとしてINSDホームページ上で提供されます。 最終試験の日程、及びZOOMへの招待状は登録された受講生に後日通知されます。

2020年度INSD 夏の学校(大阪-筑波)INSD Summer School 2020, Osaka-Tsukuba
(Summer Lectures in 2020 for Nanotechnology/ Nanoscience)

■講師:今年度は以下の講師陣により大阪大学から2テーマ、筑波大学から1テーマが提供されます。
大阪大学側: Prof. Masashi Watanabe (Dept. Mater. Sci. & Eng., Lehigh University, USA),
       Prof. Marie D’angelo (Institute for NanoSciences of Paris, Sorbonne University, France)
筑波大学側: Prof. Etienne Gheeraert and Prof. Henri Mariette (University of Grenoble-Alpes, France)

■最終試験ZOOMのアクセスポイント会場(希望する場合のみで、良好なインターネット環境があればアクセス場所は問わない)
 豊中:文理融合型研究棟3階305号室(セミナー室、定員30名)
 吹田:産研第一研究棟3階F390号室(遠隔教室、定員12名)

PAGETOP