イベントEvents

H30年度 第3回 固体物理セミナーを開催します

H30年度 第3回 固体物理セミナーを開催します

2018年6月5日

固体物理セミナー
(平成30年度 第3回)
(インタラクティブ物質科学カデットプログラム講演会)

日時:6月20日(木)14:40-16:10
場所:基礎工学研究科 講義棟 A304
講師:岡本 佳比古 准教授
(名古屋大学大学院工学研究科)
題目: 「5d遷移金属化合物における物性・機能開拓」

要旨:
銅酸化物・鉄系の高温超伝導体や様々な酸化物磁性体に代表されるように、3d遷移金属化合物は多彩な電子物性・電子機能を示す物質群として知られ、これまでに膨大な研究が行われてきた。これらの物性・機能の発現にとって、3d電子に働く強い電子相関が重要な役割を担っていることが多い。一方、本セミナーで取り上げる5d遷移金属化合物は、3d遷移金属化合物と比べて研究の蓄積は少ないが、強いスピン軌道結合や強い結晶場といった3d電子系と異なる特徴をもつことに起因して、全く異なる興味深い電子物性が発現する系として近年注目を集めている。本セミナーでは、我々のグループが取り組んでいる5d遷移金属化合物の物質開拓に関する、最近の成果を中心に報告する。特に、①一次元テルル化物Ta4SiTe4に現れる高い熱電変換性能、②型パイロクロア酸化物CsW2O6における立方晶-立方晶構造相転移を伴う金属絶縁体転移、③空間反転対称性をもたないIr・Pt化合物における新超伝導体探索、の3つの話題を取り上げる予定である。

問合先:関山 明(基礎工)

* 固体物理セミナーは、物性・未来(物性系)M2必修科目「ゼミナール
Ⅲ」に該当します。

PAGETOP