イベントEvents

H30年度 第4回 固体物理セミナーを開催します

H30年度 第4回 固体物理セミナーを開催します

2018年6月11日

固体物理セミナー
(平成30年度 第4回)
(インタラクティブ物質科学カデットプログラム講演会)

日時:7月12日(木)14:40-16:10
場所:基礎工学研究科 講義棟 A403
講師:藤森 淳 教授
(東京大学大学院理学研究科)
題目: 「ARPESから見た高温超伝導体の擬ギャップの起源」

要旨:
銅酸化物高温超伝導体における擬ギャップの起源について、発見から約30年を経た今も激しい論争が続いている。本セミナーでは先ず、これまで提唱されてきた擬ギャップ形成機構を整理し、それぞれを最近の実験結果と比較検討したのちに、母体がモット絶縁体であることから擬ギャップが生じる新しい機構を紹介する[1]。この機構では、ホールドープ系超伝導体と電子ドープ系超伝導体の間に擬ギャップやバンド構造に関するいくつかの対応関係や差異が予測されるため、ARPESによるこれらの関係の検証を通じた擬ギャップ形成機構の検証について述べる[2]。

[1] S. Sakai et al., Phys. Rev. Lett. 111, 107001 (2013);
[2] M. Horio et al., arXiv:1801.04247.

問合先:関山 明(基礎工D棟410号室)
Tel: 06-6850-6420
E-mail: sekiyama@mp.es.osaka-u.ac.jp

*       固体物理セミナーは、物性・未来(物性系)M2必修科目「ゼミナール
Ⅲ」に該当します。

PAGETOP