イベントEvents

固体物理セミナー 平成26年度 第4回

固体物理セミナー 平成26年度 第4回

2014年6月27日

固体物理セミナー
(平成26年度 第4回)
(平成26年度シグマ講演会)
(インタラクティブ物質科学カデットプログラム講演会)

日時:6月27日(金)14:45-16:15
場所:基礎工学部 国際棟 Σホール
講師:十倉 好紀
(理化学研究所創発物性科学研究センター長)
題目:「固体の電気磁気応答を巨大化する」

概要:
固体の電磁応答は、電子物性の根幹であり、それを巨大化することは、電子材料を設計、開発する上でも重要な目標である。場としての電場と磁場が相互に時間変化をすれば、両者の結合が生じることが電磁気学(マックスウェル方程式)の教えるところであるが、一方、固体中の電気と磁気の相関は単純ではない。固体中の多数の電子は相互に絡み合い、思いもかけない電子状態を作り出し、また種々の電気的、磁気的秩序を創出する。一方、電子の相対論的運動は、電気と磁気との新しい結合も生みだすが、これが多数電子の相互作用で著しく増強される。さらに、実空間(ナノの世界)や運動量空間(バンド構造)で電子が拘束された運動(トポロジカル量子効果)を示す場合は、固体電子系に特徴的な創発電磁気学を生みだす。高温超伝導、巨大磁気抵抗、巨大電気磁気効果、トポロジカル物性などの物性科学の進展を振り返りながら、これら、固体物性学の新しい考え方とその応用の可能性を考えてみたい。
問合先:木村 剛 (基礎工D棟405号室)
Tel: 06-6850-6455
E-mail:kimura@mp.es.osaka-u.ac.jp

* 固体物理セミナーは、物性・未来(物性系)M2必修科目「ゼミナールIV」に該当します。

PAGETOP